虫歯になりにくい歯磨きについて

毎日ちゃんと磨いてるのになんか歯が痛い…みたいなことありませんか?
健康で長生きするために体のメンテナンスするように
歯もきちんとメンテナンスして自分の歯でおいしくご飯を食べたいですよね。
そこで毎日当たり前に行っている自分の歯磨きについて振り返りましょう!

量より質の歯磨き

歯磨きって一日何回しますか?毎食毎または朝に一回、夜に一回でしょうか?
理想は毎食後30分以内に磨きましょう。
ですが、ただ単に磨けばいいわけでものでもありません。
一回にどれだけ丁寧に時間を掛けて磨くかが重要です。
そして、適当にとりあえず毎食3回磨くより時間を掛けて丁寧に一回磨く方が
虫歯になりにくくなるのです。

歯磨きのポイント

では、どのように磨けば虫歯になりにくくなるのでしょうか?
ずばり一本一本磨く事です。それくらい丁寧な方が良いのですが実際は
難しいので歯の一表面につき30秒ほどかけて磨いていきましょう。
歯ブラシを歯の表面に当てて細かく動かしてください。
歯を磨いているときシャカシャカと音がなっているときは丁寧に
磨けていませんのでチェックしながら磨いてください。

そして表面だけでなく、なるべく歯の根元や歯茎も磨いてください。
そうすることで根元の歯垢がとれ、同時に歯茎も刺激されて
歯周病予防にもつながります。

歯磨き以外の虫歯予防

歯磨き以外にも虫歯にならないために出来る事があります。
糸ようじと歯間ブラシで歯垢を取り除くことです。
糸ようじは歯の隙間に入って歯垢や汚れをおとしてくれます。
歯間ブラシも同じような働きをしてくれますが歯と歯の間が空いていないと
ブラシが入らないので健康な歯茎の方には糸ようじで十分です。

また、デンタルフロスを活用して口内の細菌消毒を行うなどもありますが
虫歯を作る悪玉菌と一緒に虫歯の再生を助けてくれる善玉菌も一緒に
消毒してしまうので出来る事なら歯磨きをまめにすることで
虫歯予防することをおすすめします。

そして、痛い治療のときにはお世話になりたくない歯医者さんですが
やっぱり自分では出来ない専門的なケアや検診などで定期的にお世話になり、
受診するのが怖い歯医者さんから気軽に立ち寄れる歯医者さんとして
お付き合いできるようにしたいですね!

Copyright(C) 2016 子供と大人の虫歯予防と歯磨き粉について All Rights Reserved.