子供と大人の虫歯予防と歯磨き粉について

子供の頃、嫌だったお医者さんってなにがありますか?
私がすぐ思いつくのは、歯医者さん。

虫歯になって、何度も削られて痛い思いをしました。
ウィーンと言う独特の音と、歯医者独特のにおい。
なかなか忘れることが出来ません。

歯医者さんはいつになっても嫌なものですよね

子供にとって嫌なお医者さんにランクインしているのは間違いないでしょう。

虫歯にならない方法

虫歯にならない方法を考えるうえで大事なのが、
歯と虫歯とはどういうものを知ることです。
自分で、食生活などを気を付けて虫歯予防をする方法と、
フッ素を高濃度で含んだ歯磨き粉を購入したり、
ブリアン歯磨き粉のように虫歯菌に対抗する菌の入った歯磨き粉を使う方法などがあります。
ブリアン歯磨き粉を楽天やAmazon最安値

歯は酸性に弱い

歯はカルシウムが主成分でできており、そこに神経が通っています。
カルシウムは、酸性に弱いのです。
鍾乳洞で、釣り下がっている鍾乳石をご覧になったことがあると思いますが、
あれは、酸性雨などで、石などの中のカルシウム成分が溶け出して、
水と一緒に流れていき、再びカルシウム化したものになります。

歯でも、酸性の液体や物質が来て、どけだしてしまい、喉を通っていって
しまうのです。

乳歯は生え変わり永久歯になりますが1度限り、
永久歯は、ご存知の通り、残念ながら再生してこないのです・・・

酸性物質・酸性の飲み物・酸性の食べ物ばかり歯に付着していると
どんどん溶け出していってしまいます。

酸性や甘いものばかり食べていると虫歯に

虫歯菌が糖分を餌として消費し、酸性の物質を出す

虫歯菌は、糖分を餌として吸収し、酸性の物質を作り出してしまいます。
歯自体を食べていくわけではなく、この酸性の物質が悪さをするのです。

虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんにはいない

虫歯菌はなんと、生まれたばかりの赤ちゃんにはいないのです。
どうやって感染するかというと、経口感染になります。

他に虫歯菌に感染した人とキスをしたり、その人が使った食器、
虫歯菌に感染した人が舐めたおもちゃなどを介して
虫歯菌が移ってしまうのです。

完全に虫歯菌に感染させないようにするのは難しい

赤ちゃんはかわいいので、ついちゅっちゅっとキスをしてしまいがち。
親だけでなく、祖父母からの感染もありえます。
子供どおしでキスする場合もありますし、
飲み物の飲みまわしなどもよくある例です。

ただ、口の中に虫歯菌以外の良い菌がたくさん定着していれば、
少しくらいの虫歯菌が入ってきたとしても増殖することが出来ない
ということが最近わかってきました。

その虫歯菌以外の良い菌が定着するのが、3歳~6歳頃。
この頃までは虫歯菌に感染する可能性が高いのです。

この時期を過ぎるまでは、しっかりと注意が必要です。

Copyright(C) 2016 子供と大人の虫歯予防と歯磨き粉について All Rights Reserved.